今夜、私はデートする。

4
ノート

ついに現れた...!ランチデートした完璧男が唯一抱えていた地雷とは?

疲れていた。とても、疲れていた。

秋はとっくに過ぎ去っていて、冬を迎えていた。今年の冬はエルニーニョ現象のせいで暖かいらしい。余計なことをしやがって、と思う。

寒くない冬なんて、プレゼントがない誕生日と一緒だ。もしくは具が入ってないお雑煮、つぶあんだと思っていたらこしあんだった時の大福。

なんの魅力もないじゃないか。

過去の3回のデートはどれもうまくいっていなかった。

前回の記事:モテ期

もっとみる

酔っ払ったら超危険?!一瞬で酔いが覚めた、同年代男性とのディナーデート

3回目のデート。一回り以上年上とマッチしてきた方針を少し変えて、自分と年齢が近い2,3個年上の男性と会ってみることにした。

前回の記事:失恋した者同士が銀座マルウシミートで焼肉を食らう会

年上の男しか愛せない病

ところで、私は理由があって、大の年上好きである。

理由は思春期のコンプレックスが深く関係しているのだが、それはまたいつか後述することとしよう。そのコンプレックスは強烈で、「今か

もっとみる

元恋人を「名前を付けて保存」する男と「上書き保存」する女がマッチした結果

しがないレストランで働いていた。少し前。

都心からちょっと離れた、平均客単価が2000円を切るような店だ。

そんな店でキリギリスのように働いていた私にとって、Dineに載っているようなお店はめちゃくちゃ敷居が高い。

しかも、奢りますマークってなんだよ。ブルジョワか、ブルジョワなのか。正直、よくわからなかった。奢りたい心境の男の人が。高等遊民かよ。

まぁ私がびっくりするほど美人だったらわかる

もっとみる

適当にスワイプしてマッチした男性とのデートが予想以上にやばかった話

記念すべき第1回目。恋の恋におけるショック療法第1回目。

私は恵比寿にいた。

自慢のFカップがちょっと強調されるぴったりとしたカットソーを着て、赤いリップをひいていた。

前回の記事:いざ始動!マッチングアプリで失恋沼から脱出なるか!?

せっかく出会うのなら、こっちも毎度本気で行きたいと思っていた。

マッチした相手は30代後半の業界人(芸能やマスメディア関連の仕事をしている人は、なぜか自分

もっとみる